Spread the love

みなさん音楽されていますか?

私は音楽しています。

なのでそこのあなたもギターやりましょう!

ということで今回は音響機材のご紹介。

昔使っていた面白いヤツがあるじゃんとおもいたって記事にしてみました。

音響関係の記事ではトップバッターとなるこちらのエフェクターをレビューに参る!

   商品スペック

■トータル100種ものプリセット・プログラムは、ロック、ブルース、メタル、ポップ等、音楽ジャンルにカテゴライズし、初心者でもお好みのサウンドへ速攻アクセス!
■StompLab IGには103種、StompLab IIGには104種、StompLab IBには60種、StompLab IIBには61種ものモデリング・エフェクトを内蔵。
■各エフェクト・モデルは、世界中でベストセラーを続けるモデリング・アンプVT+シリーズやフロア・タイプのマルチ・エフェクターToneLabシリーズ等のサウンド・エンジンを継承。
■エディット可能なユーザー・プログラムを20種まで保存可能。
■各エフェクト・モデルを最大7~8種まで同時使用可能。
■従来のコンパクト・マルチではあり得ない高級感溢れるルックスを実現。
■別売ACアダプター、または電池駆動も可能な2Way電源方式。
■バイパス、ミュートも可能なオート・クロマチック・チューナーを内蔵。

   使用感について 

先に言いますがこちらのエフェクター(マルチエフェクターとして)は基本的には初心者やいろんな音を出してみたい人向けの商品のように感じます。中級プレイヤー以上の方はおすすめしません。また初心者の方でも欲しいエフェクターの種類がわかる人は素直にその種類のエフェクターを購入されることをおすすめします。

ん?

じゃあ買わないほうがいいじゃん。と思われそうですがこの子にはこの子的にいいところがあります。

後述しますが歪み系オンリーのマルチエフェクターとしてはいい線だと思います。

①マルチエフェクターにしては操作がムッチャクチャわかりやすい。

上のスペックにあるようにプリセットがもともとセッティングされているので初心者でもかなり簡単に目的のエフェクトをかけることが出来る上いい音です。かなりドスの聞いたヘヴィーな安定感ある音も出せますしブルース系の柔らかい音も出すことができます。

②そもそも複数のエフェクターをこれ一台で再現するつもりがない人におすすめ!

歪み系、空間系、イコライジングなど一言にエフェクターとは言ってもめちゃめちゃ種類がありますよね。マルチエフェクターは基本的にそれら複数のエフェクターを一台で再現出来ることを目的に作ってるわけですがこちらの商品ではその辺の細かいエフェクターの切り替えや設定が出来る仕様でははいので、コーラスやディレイなどの特徴を細かく設定してゴリゴリ使うには無理があります。

そこでマルチで運用するより歪み系のエフェクターとして使ってたまに音色を変えたりすることも出来るみたいな使い方だと結構いい線行きそうな感じがします。(いろんなディストーションいろんなオーバードライブが一台で出せるという意味でのマルチ)

③結構小さい。

上記のような感じでエフェクターボードに組み込む場合割とスペース取らないので邪魔にはなりません。少しおっきめのコンパクトエフェクターくらいのサイズです。しかもチューナー機能がひっついているのでチューナー組み込む必要も無くなりますしね。

 まとめ

●いろりろな歪み系のエフェクターを試したい人におすすめ!

●初めてエフェクターで自分の好きな歪みを出すのにどれを買えばいいか悩む人におすすめ!

●中級プレイヤー以上でもボードに歪み系のエフェクターとして組み込む場合おすすめ!


Spread the love