Spread the love

こんにちはガジェスタのていちゃーるです。

surfaceユーザーになってからsurfaceについて記述することが多くなってきたこのころ。

どうもとても気になる端末のリーク情報が横行しているのでその辺をまとめてみました。

その名も

【surface phone(サーフェスフォーン)】

ご存知のsurfaceシリーズのスマホ端末ということで巷で期待が集まっています。

まあMacbookに対するiPhoneという感じでsurfaceシリーズのスマートフォンというわけです。

今回はこのサーフェスシリーズ初の電話機となるかもしれないsurfacephoneを研究してみます。

 

 リーク情報

どうもリークしてしまったのはマイクロソフトの社員のようで

中国のユーザーがMicrosoftの音声認識のコルタナさんの不具合についてMicrosoftに質問を投げかけたところ

「OSの権限が不足している。Surface PhoneではCortanaが完璧に動作することを楽しみにしている」

と返答してしまったようで

「surfacephoneってなんやねん」

っていうことになったみたいです。

回答は後日編集されて

「Surface Phoneがあることはわからないが」

と追記されたみたいです。なんかMicrosoftの社員かわいい。

以前存在していたマイクロソフトのスマートフォン「WindowsPhone」がかなりの勢いでずっこけたのは周知の事実。androidOSやiOSの牙城はおろか、ブラックベリーOSにも歯が立たないMicrosoftの歴史でも悲惨極まりないものでした。

ただ今回のsurfacephoneは以前とは少し違っていてsurfaceというシリーズの延長で登場するところに面白みがあるように思うのです。

現状のリーク情報によるとこんなデザインのようです。

折り畳み式で2画面のタッチパネルによる操作ができる感じです。

片面ディスプレイをキーボードのように使うことでポケットPCの様な使い方が出来そうです。

 surfaceの守備範囲について

先日ある学校関係者とお話しする機会があったのですが、その学校では講義資料など前もってダウンロードデータで配信するようで、授業中はそのデータに生徒がタッチペンで書き込みながら受講するスタイルをとるそうです。

なのでタッチスクリーン搭載のWindows10特に性能面でもデザイン面でもMacに劣らないsurfaceシリーズに人気が集まっているようです。

かつてはMacを推奨していたみたいなのですがMacを使う場合iPadが別で必要になる為Windowsの購入が必須ということのようです。

こんな感じでじわじわMacの城壁を侵食し始めているsurfaceシリーズなのですが

先日surfaceで持ち運びに特化した安価シリーズのsurfaceGOも発売されさらに学校関係やビジネスの場でも重宝されていく波が来ています。

もしここでダメ押しのsurfacephoneの登場となるとかなりMicrosoftの囲い込みにはまるユーザーがでてきそうですね。

私もその一人です。

ただ問題はマイクロソフトのアプリストアの貧弱さというのはぬぐえません。

GooglePlayやappストアのようなバラエティ豊かなストアを構築するためには時間と信頼が必要です。

様々なデベロッパーが集まるためにはそのストアが儲かることつまり利用するユーザーが多いことが前提になりますからね。

例えばその辺をGoogleと連携をとりGooglePlayを利用できる環境であるとかだと利用用途は一気に広がります。(そんなことにはならないと思いますが。)

ただしマイクロソフトにはXBOXのストアがありますから海外ゲームなんかについてはマイクロソフトは強いですよね

ちなみに私はsurfacephoneが登場したら確実に買い替えると思います。

少々不便でも愛情で乗り切りますwww

 

またリーク情報を発見したら報告します

以上surfacephoneについてでした!

 


Spread the love