Spread the love

こんにちは

ていちゃーるです。

先日アリエキスプレスで購入していた激安バカ安スマホがついに我が家に到着しました!

 

2020年2月9日現在の価格

 

なんと衝撃の¥6693!!

 

安すぎる・・・

 

こちらの商品が「買い」なのか「無駄遣い」なのかについて

レビューしていくよ! 

 

 

目次

1・・・スペックについて
2・・・外観と本体のチェック
3・・・実働動画
4・・・総評

 

 商品スペック

前回の記事でも紹介しましたが一応こちらにもスペックを記載しておきます!

 
品名 UMIDIGI A3S
価格 6000円台くらい
OS android10
RAM 2GB
ROM 16GB
SIMカード nanoSIMカード2枚 + SDカード(トリプルスロット)
バッテリー 3950 mAh
CPU MT6761 、12nm 最大2.0ghz
ディスプレイ 5.7インチHD+ディスプレイ
フロントカメラ 13MP F2.0 シングルカメラ
リアカメラ 16MP+5MP F2.0 デュアルカメラ
認証関係 背面指紋認証、フェイスアンロック
ネットワーク 2G: GSM B2/3/5/8 3G: WCDMA B1/2/4/5/6/8/19 4Gグラム: FDD: b1/2/3/4/5/6/7/8/12/13/ 17/18/19/20/26/28 TDD: B38/40/41
日本国内対応キャリア (理論上) ドコモ、AU、ソフトバンク
付属品 スクリーン保護シール(取付済み) 1x ケース 1x マイクロ USB ケーブル 1x 電源アダプタ (EU端子) 1x SIMピン 1x クイックスタートガイド
 外観とデザイン

パッと見のデザインはかなりかっこいいって感じの印象でした。

私が選択したカラーはミッドナイトグリーンで裏面はガラス?のようなつるつるで

深みのある色合い。とても六千円のスマホには見えない高級感です!

ただディスプレイは古めかしい太目のベゼルですね(;^ω^)

セット内容はいつものUMIDIGIの感じでケース・保護フィルムもついています。

中華スマホってケースも保護フィルムもデフォルトでついてくるのでうれしいですね。

これは初めから知ってて買ったのですがコネクタはマイクロUSBを採用しています。

旧式のコネクタなので少し残念ですがまあ大丈夫でしょうww

3.5ミリジャック搭載しているので有線イヤホンも使えます。

SIMスロットはトリプルスロットなのでSDカードとデュアルシムを同時に使えます。

 気になる実働動画はこちら
スペックはかなり抑えられているので、ごりごりでスマホを使いこなすというより、メール受信、電話等の簡単な作業を実行することに用途を絞って使うのが良いです。
ちなみに下は本器のアウトカメラで撮影した写真です。

●全キャリアバンド対応!

ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au、UQモバイルあらゆるブランドに対応したグローバルモデルです!

APNの設定はめちゃめちゃ簡単でした!

UMIDIGI ONEでてこずったのでまた覚悟してたんですが

普通に4Gをつかみました!

という事でUMIDIGI XはUQモバイルで運用可能です


Spread the love